寄付金募集の
ご案内
DONATION

ご支援のお願い

学校法人稲置学園は、昭和7(1932)年の稲置繁男初代理事長による北陸明正珠算簿記専修学校の創設以来、建学の精神「誠実にして社会に役立つ人間の育成」を教育の中心に据えて、星稜の「人間教育」を実践してきました。80年を超える年月を経て、現在では大学、大学院、短期大学部、高校、中学、幼稚園二園を擁し、5000名以上の学生・生徒・園児が学ぶ総合学園に成長いたしました。
これもひとえに卒業生、保護者、関係各位の温かいご支援、ご尽力の賜物と深く感謝いたしております。

本学園は、平成24(2012)年の創立80周年を未来へのスタートと位置づけ、2032年の創立100周年に向けて、これまで受け継がれてきた「星稜の人間教育」を、さらに発展・進化させる決意を込め、「星稜100年ビジョンと基本方針(5つの柱)」を策定いたしました。
「星稜の人間教育を、地域へ、世界へ。」北陸から世界に向かって強く光り続けるよう、学園の教職員が一体となって100年に向け邁進しているところでありますが、その実現に向け、新たに寄付金募集を行うこととなりました。

関係各位におかれましては、日ごろより多大なるご支援ご厚情をいただいているところではございますが、稲置学園が目指す教育理念と星稜100年ビジョンに対しご理解・ご賛同いただきまして、なにとぞ格別のご支援を賜りますよう心からお願い申しあげます。

学校法人稲置学園 理事長 稲置 慎也

星稜100年ビジョン星稜の人間教育を、地域へ、世界へ。

建学の精神「誠実にして社会に役立つ人間の育成」のもと「星稜の人間教育」をさらに発展させ、世界・日本が求めている解決すべき課題や問題に対して自らチャレンジして行動できる人材を育成・輩出することで地域・社会に貢献する、「北陸を代表する総合学園」をめざします。

  • グローバルに活躍できる人材を育成する。
  • 総合学園としての一貫した教育を行う。
  • 地域・社会とともに発展できるネットワークづくりを行う。
  • 充実した施設に恵まれたキャンパスづくりを行う。
  • 総合学園を最大限に活かす経営基盤のさらなる確立を行う。

寄付の種類

学園の教育・研究に係る全般(目的指定なし)
※上記のほか以下の目的や設置校の選択ができます。

  1. 学生・生徒への奨学金
  2. 教育・研究活動への支援
  3. 課外活動に対する支援
  4. 国際交流に関する支援
  5. 修学・保育環境及び教育・研究等設備の整備への支援
  6. その他

寄付金額

一口3,000円※金額にかかわらずお受けいたします。

寄付のお申込み方法・手続の流れ

1.本ホームページより「寄付申込書」をダウンロードいただくか、窓口に資料請求いただき、必要事項をご記入・ご捺印のうえ、本学園へご送付ください。(郵送または窓口へご持参ください)

2.本学園の指定口座にお振り込み下さい。

3.「寄付申込書」の到着及び寄付金のご入金の確認ができ次第、本学園発行の「領収書」を送付いたします。

法人からのご寄付につきましては、ご寄付額全額について損金算入が認められる「受配者指定寄付金」としてのお申込みも可能です。こちらの場合は、以下の手続となります。

1.本ホームページより、本学園宛及び日本私立学校振興・共済事業団宛の2種類の「寄付申込書」をダウンロードいただくか、窓口に資料請求いただき、必要事項をご記入・ご捺印のうえ、2枚一緒に本学園へご送付ください。(郵送または窓口へご持参ください)

2.本学園の指定口座にお振り込み下さい。

3.「寄付申込書」の到着及び寄付金のご入金の確認ができ次第、本学園発行の「預かり書」をお送りいたします。

4.日本私立学校振興・共済事業団より「寄付金受領書」が本学園へ届き次第、寄付者へ送付いたします。

※日本私立学校振興・共済事業団による寄付金受領書の発行には2~3週間かかります。なお、企業の決算期等により寄付金が集中する場合は1か月程度かかることがあります。損金処理を当該決算期日に間違いなく行うためには少なくとも決算日の1か月前までにお振込みくださるようお願いいたします。

寄付申込書送付先(寄付窓口)

学校法人稲置学園法人事務部総務課
〒920-8620 石川県金沢市御所町丑10番地1
TEL:076-253-3908

寄付金振込指定口座

北國銀行 金沢城北支店 普通預金 278477
金沢信用金庫 浅野川支店 普通預金 1014540
北陸銀行 東大通支店 普通預金 6000968
口座名義 学校法人稲置学園 星稜基金寄付金受入口

税制上の優遇措置

個人からのご寄付

1.所得税控除

平成23年度税制改正において、「税額控除」を選択適用できる新制度が施行され、本学園は、税額控除適用法人としての証明を受けました。これにより、従来の特定公益増進法人であることの証明による「所得控除」と「税額控除」の両方の制度が受けられるようになりました。確定申告の際はどちらかを選択していただき、手続をお願いいたします。
なお、税額控除又は所得控除の適用については、個々の寄付金額及び所得金額により控除額が異なりますので、ご自身でご確認いただきますようお願いいたします。

税額控除

所得控除

2.個人住民税控除

自治体が条例で指定している寄付金は、個人住民税の寄付金税額控除が受けられます。本学園への寄付金は、寄付された年の翌年の1月1日現在、石川県内に住所を有する方が個人住民税の寄付金税額控除を受けられます。

個人住民税の控除額
石川県(個人県民税) → (寄付金額 - 2,000円)×4%
県内市町(個人市町民税) → (寄付金額 - 2,000円)×6%

3.寄付金控除の手続

ご寄付いただいた翌年の確定申告期間に、本学園よりお送りいたします「税額控除に係る証明書(写)」(税額控除の場合)または「特定公益増進法人証明書(写)」(所得控除の場合)と、本学園発行の「領収書」を添えて、所轄税務署にご申告ください。

法人からのご寄付

日本私立学校振興・共済事業団を通じた「受配者指定寄付金」の制度により、寄付金の全額をご寄付頂いた事業年度の損金に算入できます。 免税手続には、同事業団の「寄付金受領書」が必要です。受領書は同事業団から発行され次第、本学園を経由してお送りいたします。